診療案内

診療内容

整形外科全般で運動器(脊椎、四肢、関節など)の疼痛、機能障害の診断、治療がメインテーマです。

・外傷全般(打撲・捻挫・骨折・腱損傷・皮フ損傷・熱傷など)
・頚項部痛、背部痛、腰痛(頚肩腕症候群・椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄症など) 各種の神経炎・神経痛
・肩・上肢の疼痛・運動障害(五十肩・頑固な肩凝り症状など)
・肘・手指の疼痛・機能障害(テニス肘・野球肘・デケルバン痛・弾発指など)
・関節リウマチ・痛風・変形性関節症など(特にこの方面は詳しい)
・少年少女の生長随伴症状・スポーツ障害・スポーツ外傷(老若を問わない)
・高齢に伴う変性疾患、各種の退行性疾患、骨粗鬆症など
・労働災害・交通外傷など(特に事故関連の相談職員配置)

上記の諸疾患・外傷の治療のため運動器リハビリテーションの充実を行っている(訓練されたセラピスト2名配置) 他に疼痛治療の概念が変わって来ており此れの対応も可。

・侵害受容性疼痛・神経障害性疼痛・慢性疼痛など
・骨粗鬆症外来
・関節疾患外来(関節リウマチ・痛風・変形性関節症など)


診療のコンセプト

1. 整形外科学を修め、常に新知見と治療を取入れ、広く医療を求めるもの (病めるもの、傷ついたもの、老いゆくもの)に対し全身全霊を傾倒して医療を行うこと。

2. 患者さんの訴えには謙虚に耳を傾け、オソレナイ・ヒルマナイでベストを尽くす ことがモットーです。

3. 永年に亘った臨床整形外科医としての経験則をふまえて最適の医療を行う。

4. 尚、困難な症例については、香川大学医学部整形外科、香川県立中央病院 整形外科、高松赤十字病院、屋島総合病院などの他、患者さんの望まれる病院へご紹介してお願い申し上げることを躊躇しない方針です。


治療方針

整形外科医療は つまる所 運動器(脊椎、四肢、関節など)の健康に最善を尽くしその人に最適の診断と治療を行うことにつきます。

運動器の病気やケガによる障害は、生命現象に直接影響を及ぼすものではありません。しかし、空気や水がその存在の重要性に気付かないのと同様に、運動器は一度此れが壊れると社会生活は勿論のこと、職業人としても、スポーツや各種のお世話役、家庭生活も学生の身分であっても、その使命が果せないほどの大変重要なものです。

すなわち運動器の健康は、その人の人間としての尊厳にかかわっていると言っても過言ではありません。 高齢社会の到来は、その重要性が日々増加しており、誰もがなりたくない「寝たきり」の第2位に位置付けされております。

以上のことを念頭(基本概念として)に 日進月歩の医療と医療技術にベストを尽くす。

又、近年、住民の皆様の住環境の改善傾向あって、必ずしも、入院治療を必要でない患者さんが増えています。そのこともあって外来は通院主体(中心)の治療にシフトすべき時と判断しております。

ページトップへ