医療ブログ

ロコモ3大疾患アーカイブ

高齢者の肩・手・股関節部の骨折

ロコモ3大疾患の一つです。
高齢者がちょっとした事で転倒したりして、肩・手・股関節部の骨折を起こす原因となる骨粗しょう症について解説いたします。

病態と診断

骨粗しょう症は、主に更年期以降の女性に多い骨の密度が減って骨折しやすくなる病気ですが、男性でも高齢になると発症します。
骨粗しょう症になると、上腕骨外科頸骨折(肩)・橈骨(とうこつ)遠位端骨折(手)・脊椎圧迫骨折(背骨)・大腿骨近位端骨折(股)などの骨折が起こりやすくなります。骨粗しょう症の検査は、背骨や股関節のレントゲン検査でもある程度推測はできますが、原則として骨密度を測定します。検査法は、手のXPを用いるMD法・腰椎のCT検査で行うQ-CT法・踵(かかと)の超音波計測法と、DEXA法(二重エネルギーX線吸収測定法)を用いて、橈骨・腰椎・大腿骨頸部・全身などを調べる検査があります。

いずれの方法も長所・短所があり、どの検査が一番優れているか断言する事は困難です。同じ検査法で経過を観察することが要点です。

治療

基本的には、全身を使った日常の運動、カルシウムが豊富な食品(小魚・豆腐や納豆などの大豆製品)摂取が大事ですが、薬物治療も大切です。最近では、週に1回服用するだけの薬が主流となりつつありますが、重症の方には毎日皮下注射をする薬剤も発売されました。さらに、月に1回でよい薬や年に1回でよい薬も開発されつつあります。

歯周病などで、食品をしっかりかむ事ができなくなると、骨粗しょう症になりやすいという報告もありますし、抜歯などの歯科治療を行う際には骨粗しょう症の薬を休薬しなければならない場合もありますので、定期的な歯科受信と口腔内ケアを普段から心掛けておく事は大事なことだと思います。

不幸にして骨折を起こしてしまった場合、手術が必要になる事もあります。転ばぬ先の杖で特に閉経後の女性(高齢の男性も)で、運動不足・瘠せ形・偏食・若い時より5センチ以上背が低くなった・背中が丸くなってきたなどの症状が複数ある方は整形外科で一度骨密度を測りましょう。

左図 この様な現象は老化で起こるものだと思われがちですが、骨粗しょう症も大きな原因の一つ。一般に足腰が弱って始まるといわれている老化現象は、骨の密度が低くなる骨粗しょう症が加わると、まずは背中が曲がり、そして腰、足とだんだん痛みを伴いながら進行していきます。状態が重くなると、自分で動けなくなり寝たきりになるケースもあります。

ロコモ3大疾患の一つです。
脊柱管(せきちゅうかん)は背骨や椎間板、関節などで囲まれ、神経が通る管です。狭くなると神経が圧迫され、神経の血流が低下して発症します。長い距離を歩くと、下肢のしびれや痛みが出てきて歩きづらくなります。少し前かがみになったり、腰かけたりすると、しびれや痛みは軽減されます。

この症状を間欠跛行(はこう)といい、下肢閉塞(へいそく)性動脈硬化症でも認められますが、腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症の場合は通常、自転車が楽に使用でき、シルバーカーなどの使用で楽に歩くことができ、区別が可能です。進行すると下肢の力が落ちて、歩けなくなったり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に漏れたりすることもあります。原因としては、加齢と腰に負担のかかる労働や激しいスポーツなどが考えられます。

予防としては、日常生活の中で正しい姿勢を保持し、適度の運動の継続が必要です。治療としては、運動器リハビリテーション、コルセット、血流改善剤(プロスタグランデイン製剤など)の使用で効果が期待できます。痛みやしびれがとれない場合や日常生活に支障がある場合は、神経ブロック注射なども行うこともあり、更に障害が強い時は手術を行う場合もあります。

中年以降の膝関節痛

ロコモ3大疾患の一つです。
高齢者人口の増加とともに変形性膝関節症の患者数も増加しており、最近の研究によれば全国で約2400万人の患者さんがいると推定されます。要介護や要支援になる原因として関節疾患は意外に大きなウエートを占めており、変形性膝関節症はその代表格です。

症状と診断

中高年となって、明らかな原因がないにもかかわらず膝の痛みを自覚するようになった場合、まず一番に考えるべき疾患です。初発症状としては、階段の昇降や、じっとして立ち上がったときに痛みを感じることが多いようです。膝がこわばる感じを覚えたり関節の可動域制限を生ずることもあり、診断にはX線検査が必要です。レントゲン上、間接裂隙の狭小化や骨棘の形成がみられます。ときには関節に水がたまっていることがあり、他の疾患との識別のため注射器で水を抜いて色や濁り有無を確認することがあります。軟骨と軟骨との間に半月板というクッションが挟まれているため、軟骨の変性と同時に半月板が傷んでいることが少なくありません。半月板の症状が強いときにはMRIの検査が必要です。

治療

比較的軽度の場合は、正座を避けるなど日常生活上の注意を励行すること、膝周辺の筋力強化やストレッチを行うことでかなりの効果が得られます。痛みの強いときには消炎鎮痛剤の服用や関節内注射を行うことがあります。ヒアルロン酸の関節内注射は単なる対症療法ではなく、軟骨細胞の新陳代謝を促す効果があると言われています。

またO脚の場合は、膝の内側の関節面に荷重が集中して軟骨がすり減ってきます。荷重を分散して内側の負担を軽減するために、足底に外側の高い足底板を利用すると疼痛の軽減が得られます。膝の痛みのために歩行が困難になってきた重症例の場合は、骨切り術や人工関節などの手術を考慮することになります。

日常よく見かける疾患ですが、(偽)痛風・関節リウマチ・大腿骨内頸骨壊死(えし)など似たような他の疾患もありますので素人判断はときに危険です。膝に痛みをかんじたらまず受診してください。